ROEとは何か?

こんにちわ。ジーパン会計士です。

本日は、投資家と経営者にとって、最も重要な経営指標の1つであるROEについて解説します。

・ROEってなに?
・ROEとROAの関係
・なんでROEが重視されているの?

といった内容となっています。

ROEとは何か?

ROEとはReturn on Equityのことであり、「株主資本利益率」と言われています。

Returnは当期純利益を表し、Equityは株主資本を表すので、

ROEの算式
ROE = 当期純利益(Return) ÷ 株主資本(Equity)

となります。

ROEの要約は以下の通り

ROEとROAの関係

ROAの計算式

ROAはReturn on Assetであり、「総資本利益率」と言われています。

Returnは当期純利益、Assetは株主資本を表すので

ROAの算式
ROA = 当期純利益(Return) ÷ 総資産(Asset)

となります。

ROAの要約は以下の通り

ROEとROAの関係

ROEとROAは関係がなさそうですが、実は相関関係があります。

ROEを分解すると以下の算式になります

ROEを分解する
ROE=資産回転率(売上高÷総資産)×売上高純利益率(純利益÷売上高)×財務レバレッジ(総資産÷株主資本)

さらに、

ROAは以下のように分解されます

ROAを分解する
ROA=資産回転率(売上高÷総資産)×売上高純利益率(純利益÷売上高)

結果として

ROEとROAの関係
ROE=ROA×財務レバレッジ

という数式が成り立ちます

要約は下記スライドの通りです

なぜROEが重視される指標となるのか

それでは、なぜ昨今においてはROEを重視した経営をしなければならないのでしょうか。

それには、①投資家(株主)の視点 ②経営者の視点 ③伊藤レポート

という3つの要素があります。

株主からの目線

株主にとっては、ROEを重視する傾向にあります。

なぜなら、

ROEは株主の出資額に対するリターンを示す指標となる

ためです

ROEは当期純利益÷株主資本であることは説明しておりますが、それが意味するのは、「その企業が株主が出資したお金で、どれくらい効率よく利益を稼いでいるか」を示す指標になるためです。

要約をすると以下の図となります。

経営者の目線

経営者にとっては、ROEを重視する、というか重視せざるを得ない状況にあります。

なぜなら、株主がROEを重視するために、株主から経営を委任されている経営者は株主の期待に応える必要があるためです。

もっと詳細に説明すると、下の図のようになります。

伊藤レポート

ROEが重視された大きな要因の一つに「伊藤レポート」の存在が挙げられます

伊藤レポートとは
・経産省が中心となって進めた「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」のこと
・当プロジェクトの座長を務めたのが、一橋大学大学院の伊藤邦雄教授であることから、通称「伊藤レポート」と呼ばれている
・当レポートにおいて、ROEは最低8%を目指すべき、と明記されている

伊藤レポートは平成26年に公表されました。

当時は、今のように企業と株主の対話が重視されておりませんでした。

伊藤レポートにより、この対話を重視するべきというきっかけの一つのとなりました。

伊藤レポートにより、ROEを重視する経営が大事なこと、ROEを高めよう、という流れができました

ROEの説明については、以上となります。

ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です